わきがは自分では気が付かない?自己診断はできる?

セルフチェックでわきがかどうかを判断しよう

以外かもしれませんが、人間は自分の臭いにはなかなか気が付かないものなのです。

家族や友人や恋人など、まわりの人たちから指摘されてはじめて気がつくなんてことも少なくありません。

でも、自分が他人よりも臭いがキツイ、もしかしたら「わきが」かもしれないって思ったらとてもショックですよね。

「今すぐ臭いを何とかしなきゃ」って思うかもしれませんが、その前に「わきが」かどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。

でも、自分でわきがのチェックをするといってもどんな方法ですべきなのか分かりませんよね。

そこで、わきがの自己診断ができるチェック項目を用意しました。

まずはチェックしてみて、どのくらいの項目が当てはまるか確認してみましょう。

わきがセルフチェック

  • 耳垢が湿っている
  • 家族にワキガの人がいる
  • 下着の脇の下の部分が黄ばむ
  • 毛深い
  • お肉や乳製品をよく食べる
  • 顔がいつもテカリ気味
  • 自分がクサイと感じる
  • 他人にクサイと言われた
  • 寒い季節でも汗をかきやすい
  • ストレスが多いと感じる

このセルフチェックを実行してみて、当てはまる項目が多い人はわきがの可能性が高いと思われます。

◆耳垢が湿っている

耳の中にもアポクリン汗腺は分布していますが、耳垢が湿っている人はこのアポクリン汗腺が活発なため耳の中が湿った状態になっています。ですから自分の耳垢が湿っているようであればわきがの可能性が高いといえます。

◆家族にワキガの人がいる

人間には遺伝がありますが、わきがも親から遺伝を受ける可能性があります。その確率は、片親がわきがの場合は約50%、両親がわきがの場合は約75%といわれています。

◆下着の脇の下の部分が黄ばむ

わきがの兆候はアポクリン汗腺が活発な人に多く見られます。そして黄ばみの原因はこのアポクリン汗腺から出される分泌液によるものです。ですから、いつも下着や服に黄ばみが付きやすい人はアポクリン汗腺が活発で分泌量が多いことが原因と思われます。

◆毛深い

実は毛の量とアポクリン汗腺の量は比例しているのです。アポクリン汗腺は毛穴の中にあるので、「毛が多い=アポクリン汗腺が多い」ということになり、同時に分泌液の量も多くなる傾向にあります。

◆お肉や乳製品をよく食べる

お肉などに多く含まれる脂肪成分は体臭に大きな影響を与えます。動物性脂肪をたくさん食べると臭いの元となる脂肪成分が増えます。脂肪成分は酸化しやすく、分泌液に混ざり体外に出ると皮膚上で酸化して強い臭いを発するので肉類の食べ過ぎには注意が必要です。

◆顔がいつもテカリ気味

アポクリン汗腺が多い人は皮脂腺も多く活発な傾向にあります。皮脂腺が活発だと当然皮脂が増えて顔がテカって見えるようになります。

◆自分がクサイと感じる

通常、人間は自分の臭いには鈍感なものです。しかし、それなのに自分自身でクサイと感じるようであれば、かなり強い臭いを発している可能性があります。特に暑くもなく汗もかかないのに臭いが気になるようであればわきがの可能性があるでしょう。

◆他人にクサイと言われた

自分の体臭というものは自分自身では気が付かないものです。他人から指摘されて初めて気がつく場合が多いことでしょう。でも、普通はよほどのことがない限り指摘はしませんよね。指摘されるということはかなり強い臭いだと思ったほうが良いでしょう。

◆寒い季節でも汗をかきやすい

汗の役割は「体温調整」ですので、通常は暑さや運動をした時に汗をかくのが自然の原理です。しかし、寒い季節でも汗がでるようであれば「腋臭症・多汗症」の疑いがあります。

◆ストレスが多いと感じる

ストレスが増えると自律神経や交感神経が刺激され「精神性発汗」と呼びます。すると冷や汗をかいたり脇汗が多くなったりします。その状態が長く続くと分泌液や雑菌が増え、臭いをキツクさせる「原因にもなってしまいます。

 

いかがだったでしょう?

このチェック項目の中にいくつ当てはまる項目があったでしょうか。

当てはまる項目がそれほどなければ問題はありませんが、半分以上あるという人は注意が必要です。

わきがかどうか心配になる方は、一度専門クリニックで相談してみることをお勧めします。

ワキガは、皮膚科、形成外科、美容外科(美容整形外科)などで診療科で扱っていますし、相談にも乗ってくれますので一度思い切って訪れてみたほうが良いでしょう。