ワキガ治療を行うクリニックの選び方

ワキガ治療をするためにはどこかクリニックに行かなければなりませんが、どのように良いクリニックを選んだら良いのでしょうか。

情報をしっかり集めて、どのクリニックで治療を受けるか決めることは、とても大事なことといえます。

でも、その前にワキガ治療は何かのクリニックに行くべきなのでしょうか?

治療内容は若干異なりますが、実は色々な診療科で治療を行なっています。

それは、「皮膚科」「形成外科」「美容外科」などです。

◆皮膚科

まず、皮膚科では腋臭症の診察・診断は行ないますが専門的な治療や手術はしないと思ったほうが良いでしょう。

自分が腋臭症なのかどうかを診察により判断してくれたり、薬用石鹸や塗り薬などで症状を緩和させてくれる程度ですので、中度や重度の症状の方はちょっとおすすめできません。

ワキガに対する手術は行わないので、とりあえず診断してもらったり相談をする程度と思ったほうが良いでしょう。

◆形成外科

形成外科は火傷やアザなどの皮膚の形成(復元)を主に行う診療科です。

顔では口唇裂や口蓋裂などの唇の形成や、女性の場合は乳がんで切除してしまった乳房の形成手術なども行なっています。

もちろん、腋臭症の治療や手術も形成外科の専門ですので、手術の相談をしたいとお考えであれば「形成外科」をまずは訪れてみましょう。

◆美容外科

美容外科(美容整形外科)では幅広くいろいろな診療を行なっています。

名前のとおり、美容目的の施術を専門として行なっています。

例えば、二重まぶた、鼻の高さや形、唇の大きさや厚さ、脂肪吸引、豊胸、包茎などの施術が挙げられます。

そんな中でもワキガの治療や手術も専門でおこなうクリニックも多く、さまざまな医療機器を導入してワキガを専門として行っているところもあります。

 

クリニックで行っている治療方法は?

まずは、クリニックで行われているワキガの治療法にはどのようなものがあるかもよく知っておきましょう。

もし、ご自身が行きたいと思っているクリニックがあるのであれば、そのクリニックではどんなワキガの治療がされているかを確認しましょう。

ワキガ治療後に再発のおそれはないか、クリニックの医師は信頼できて過去に実績はどうなっているかということもチェックしておいたほうが良いでしょう。

クリニックの方から強引に治療方法を勧めてくるというところは注意をする必要があります。

治療や手術には、施術方法によっては高額になる場合もありますので、施術内容と金額は絶対に必須確認事項であるといえます。

もし余裕があるのであれば、実際にクリニックに行ってみてクリニックそのものの雰囲気を見ておきましょう。

スタッフの対応や施設の雰囲気が信頼できるところが理想的ですし、クリニック選びの判断材料にもなってきます。

また、事前にワキガ治療にかかる費用を明確にしてくれるかどうかも重要なポイントです。

ワキガの治療は、場合によっては保険が適用されることもあります。

治療前に保険適用の範囲内かどうかを確認しておくと、治療費負担が軽くなることがありますので、保険適用の可否は必ず確認するようにしましょう。

 

最後に、ワキガ治療を行う場合にはいろいろと不安がつきものです。

信頼できるクリニックを見つけて、ワキガ治療を受けることができれば、後は結果待ちのようなものですので、ぜひ面倒でも一度は必ずクリニックまで足を運んでみてくださいね。